月別アーカイブ: 2016年9月

なぜ乳酸菌でアルツハイマーになるのを防ぐ事ができるか

shutterstock_205745128

お腹の中の環境は、脳と大きな関係があります。そこの環境が良いか否かにより、脳も大きく変わってくる訳ですね。

例えば、アルツハイマーという病気があります。いわゆる認知症と呼ばれるケースが多いですが、あれは人間の脳と大きな関係があるのですね。脳に対して何らかの問題が生じていますと、その病気になってしまうケースがしばしば見られます。しかし腸内環境次第で、その病気が改善されるとも考えられるのですね。

アスパラギン酸の減少効果が見込める乳酸菌

実はアルツハイマーという病気は、まだ原因は特定されていません。医療業界にて様々な研究は行われているのですが、厳密な原因は未だ不明な状況ではあります。
そのような中、ちょっと興味深い実験結果があるのです。乳酸菌を摂取したマウスは、アルツハイマーに関連する物質が減少しているとの結果です。

そもそも、どのような実験が行われたかと申しますと、まずAグループのマウスに対しては乳酸菌の服用をさせてみたのだそうです。それに対してBグループのマウスの場合、何も摂取させませんでした。
すると、そのマウスの脳みそに変化が生じたのですね。前者のマウスの場合は、アスパラギン酸が減少しています。それに対してBの場合は、特に何も変化は生じなかった訳ですね。

shutterstock_259845146

アスパラギン酸は、実はアルツハイマーと大きな関係があるのだそうです。前述のように原因は特定されていないのですが、その病気になってしまっている方は、アスパラギン酸が少々多い傾向があるようです。

ですのでその酸はアルツハイマーを引き起こしていると考えられるのですが、前述のように乳酸菌がそれを減らしてくれる効果が期待できるのですから、普段の食生活にてその菌類を摂取するよう心がけるのも一法なのですね。

またアルツハイマーは、腸内環境とも一定の効果があると考えられています。総じてお腹の環境が悪い方の場合、そのようなメンタル的な病気が生じる確率が比較的高めだそうです。つまり悪玉菌が多い方の場合、ちょっと脳内にも障害が生じやすくなる訳ですね。ところが善玉菌が多い方の場合は、逆にその障害が生じづらいと言われています。ですのでアルツハイマーが気になるようであれば、ちょっと乳酸菌のサプリなどを検討してみるのも一法だと思われます。

現に一部の乳酸菌は、人間のメンタルを落ち着かせる働きもあるのです。モンゴルにて採取されるある乳酸菌などは、人間の気持ちを落ち着かせてくれる事が多いのですね。乳酸菌は、人間の精神と大きな関係があると考えられるでしょう。

忙しい方のための善玉菌増やし方講座

人々がヨーグルトを摂取する主なタイミング

乳酸菌には、お通じに関するメリットがあります。いわゆる便秘などに対して効果を発揮してくれる事が多い菌類なのですが、そのためにヨーグルトを摂取している方も非常に多いですね。デトックスを促進させるために、その乳飲料を飲んでいる方々も多いかと思います。

1週間にどれ位の頻度でヨーグルトを摂取する方が多いか

ところで以前に、乳酸菌に関するアンケートが実施されたことがあります。乳酸菌を普段から摂取している方に対するアンケートだったのですが、ちょっと興味深い数字が出ているのですね。人々は毎日のようにそれを摂取している訳ではなく、せいぜい一週間に2回や数週間に1回程度の頻度にとどまっているようです。

つい最近実施されたアンケートによると、毎日それを摂取している方は意外と少ないとのデータが見られます。ほぼ毎日のようにヨーグルトを飲んでいる方は、全体の1割にも満たない状況なのです。また1週間に4日程度飲んでいる方も非常に少なめで、やはり全体の1割にも達していません。

ちなみに毎日のようにそれを摂取する方は、ここ最近は減少傾向にあります。昔は毎日のように摂取する方も多かったのですが、最近はちょっと割合が減っている訳です。
その反面1週間に1回から2回程度と回答している方は、案外と人数が多めです。全体の12%くらいですね。また1ヶ月に数回摂取している方も意外と多く、全体の18%位の状況になっています。ですのでヨーグルトを毎日のように摂取している方は、意外と少ないことが分かります。

どのようなタイミングでヨーグルトを摂取しているか

shutterstock_175231781

また人々がその乳飲料を摂取するタイミングなのですが、食事などと大きな関係があります。基本的に多くの方は、そのタイミングに合わせてヨーグルトなどを摂取している事が多いのですね。

例えば朝食時です。全体の25%以上の方々は、毎日の朝食を摂取するタイミングにて、ヨーグルトを摂取している状況だそうです。
また朝食だけでなく、おやつとも大きな関係があります。3時のおやつなどのタイミングで、ヨーグルトを摂取している方もまた非常に多いようですね。全体の2割前後という数字になります。

その他にも、リラックス時にヨーグルトを服用している方々も多く見られます。くつろいでいるタイミングにて、ヨーグルトを摂取している方も多いですね。全体の2割弱という数字になります。
つまり人々は乳酸菌の飲料などを、主に食事時やリラックス時に摂取している事が多いのでしょう。個人的にそれは、なかなか興味深いデータの1つだと思います。

友達の疲労蓄積度を変化させてくれたフェカリス菌入りサプリ

私の友達の1人は、最近随分と疲れづらくなってきたと思います。少し前までは、過酷な労働に伴って疲れを覚えている事も多かったですね。疲労の蓄積に伴い、体のあちらこちらが痛くなっているケースも多々見られました。

ところが最近の友達は、だいぶ疲れづらくなってきたと思うのですね。なぜなら最近購入したフェカリス菌入りのサプリで、その状況が大きく変わってきたからです。

疲れが溜まりやすい友人の体質

shutterstock_333567554

そもそも友達は、生まれつき余り体が丈夫な方ではありませんでした。昔から疲れが蓄積しやすい体質だったようです。

体を動かさなければならないケースも多々あったのですが、その運動時間が長引いてしまいますと、体調不良を覚える事が多かったですね。疲労の蓄積に伴って、頭が痛くなっているケースも多々見られました。

特にそれが大変だったのが、労働時間の長さです。仕事上でかなり長い時間働かなければならない事もあったのですが、余りにも時間が長引きますと、やはり体調不良を覚える事が多かった訳ですね。

疲れを溜まりづらくさせてくれた乳酸菌サプリ

それで友人は、ある時にインターネットで色々と情報を検索してみたのですね。そして結局、ある乳酸菌のサプリに興味を持ちました。
楽天で販売されている乳酸菌サプリなのですが、その口コミの1つに疲労蓄積に関する内容が投稿されていたのです。疲れが溜まりやすい方がそのサプリを服用したら、だいぶ疲れづらくなったとの内容を多く確認した訳ですね。
それで友達は、ネットでそのサプリを購入しました。第1印象として、ちょっと値段が高めだと感じたようですね。数千円前後の商品になるのですが、数あるサプリの中では比較的高めだからです。

しかし友人は、そのサプリの効果には満足しています。最初の内はなかなか効果も見られませんでしたが、しばらくそれを使い続けたら、随分と疲労が蓄積されずらくなったようですね。

恐らくそれは、そのサプリの中に配合されているフェカリス菌が一因だと思います。その菌類がお腹の中に働きかけたことによって、デトックスが促進されたのではないでしょうか。老廃物が外に出るよう働きかけてくれる訳ですが、それで疲れの原因になる物が溜まりづらくなったのだと考えられます。

いずれにしても友達は、疲れが溜まりづらくなって良かったですね。今まで以上に精力的に働く事ができるようになったので、とても喜んでいました。
そう言えば私の親戚の1人も、ちょっと疲れが溜まりやすくなっているようです。親戚にも、それを紹介してあげようかなと考えています。